被害者の精神的負担軽減

交通事故被害者側が保険会社と直接交渉するのは被害者本人、そして家族にとっても苦痛を伴います。一般的に法律に関する専門知識や経験がないまま交通事故問題の解決を自力で行うのは無理です。被害額認定には証拠が必要であり、被害者側に有利な証拠が出てくることで、保険会社や加害者側が支払うべき慰謝料が大きくなるため、基本、被害者側に協力することは期待できません。たとえば一家の大黒柱が被害に遭って結果死亡した場合、自賠責保険の基準、任意保険の基準には大きな差がありますので、精神的な苦痛も加味した妥当な慰謝料を得ることで後々の生活を少しでも安定化させなければなりません。

被害者側は、交通事故被害を受ける事によって日常生活や仕事にもかなりの支障が出ていますし、早く忘れたいから終わらせたいという心理も働きますし、そこを付けこまれて低い条件を飲んでしまうと、後になってから後遺症が出てきて後悔したとしても蒸し返すことは認められませんので、泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

この点弁護士は被害者の依頼を受けて被害者のために交渉を行いますので、法律の専門知識などは弁護士に任せ、その対応に要する時間をかけずに済みますので、心身の負担は最小限に抑えられます。得られる慰謝料以上に、心身の負担を抱え込まなくて済むことのメリットは大変に大きいのです。

慰謝料が増額できる可能性

交通事故被害を弁護士に相談するメリットの第一は、慰謝料を妥当な水準まで増額できる可能性があることです。慰謝料を決める基準にはいろいろ考え方があり、保険会社が考える水準と弁護士が考える水準には大きな開きがあります。傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料などに分かれますが、認定基準は細かく専門的な知識経験がないと押し切られてしまいます。

弁護士に依頼することで、保険会社や加害者にとって都合のいい金額ではなく、自分が交通事故で被った精神的苦痛に対する「妥当な金額」の請求を行うことが可能です。示談自体はその時だけのことですが、事故被害により身体等に一生ものの後遺症が残る可能性もあることから、交渉は加害者の被害程度や精神的苦痛を十分加味して行われる必要があります。一度示談が終わると蒸し返すことはできませんので、主張すべきはすべて主張しておかなければならないのです。この点交通事故被害に精通した弁護士に依頼することで、妥当な慰謝料を得ることができるのです。

示談交渉の場は、このような精神的苦痛に対する「妥当な金額」を支払ってもらう権利を主張するための重要な場です。一度、示談が成立してしまうと原則として、同じ損害に対する請求を行うことはできませんので、必要なことは全て主張しておく必要があります。