交通事故被害を弁護士に相談するメリットの第一は、慰謝料を妥当な水準まで増額できる可能性があることです。慰謝料を決める基準にはいろいろ考え方があり、保険会社が考える水準と弁護士が考える水準には大きな開きがあります。傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料などに分かれますが、認定基準は細かく専門的な知識経験がないと押し切られてしまいます。

弁護士に依頼することで、保険会社や加害者にとって都合のいい金額ではなく、自分が交通事故で被った精神的苦痛に対する「妥当な金額」の請求を行うことが可能です。示談自体はその時だけのことですが、事故被害により身体等に一生ものの後遺症が残る可能性もあることから、交渉は加害者の被害程度や精神的苦痛を十分加味して行われる必要があります。一度示談が終わると蒸し返すことはできませんので、主張すべきはすべて主張しておかなければならないのです。この点交通事故被害に精通した弁護士に依頼することで、妥当な慰謝料を得ることができるのです。

示談交渉の場は、このような精神的苦痛に対する「妥当な金額」を支払ってもらう権利を主張するための重要な場です。一度、示談が成立してしまうと原則として、同じ損害に対する請求を行うことはできませんので、必要なことは全て主張しておく必要があります。